上尾市で一番古い、補聴器・メガネ・時計の専門店

金子みすゞ忌

金子みすゞ忌

20180310

  金子みすゞ忌

  代表的な詩は

  わたしと小鳥と鈴と

   わたしが両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが、
   飛べる小鳥はわたしのように、
   地面(じべた)をはやくは走れない。

   わたしがからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴はわたしのように、
   たくさんなうたは知らないよ。

   鈴と、小鳥と、それからわたし、
   みんなちがって、みんないい。
  
  僕が 金子みすゞ を知ったのは10年ほど前
  NHKで金子みすゞの特集があり
  たまたま朗読された「大漁」という詩に
  ひどく感動したことを覚えてます
  
  今では小学校で習うとのこと
  子供たちの一生の思い出の詩になれば
  いいと思います
  

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional